--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2020年03月27日(金) 記事No.1
目に見えぬ
   神に向かいてはぢざるは
      人の心のまことなりけり
 <明治天皇御製>


住吉神社を紹介する当ブログへお越しくださいましてありがとうございます。

038 (1024x768) (500x375)
この記事はいつも最初にあります。最新の記事は一つ下からになります。

新着情報についてはこちら

当神社までの地図こちら

神社での作法など基礎知識についてはこちら

お社や施設については右のカテゴリ「本殿」「御末社」「境内案内」からご覧ください。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
スポンサーサイト
ご挨拶 |  記事を編集 | 

2013年01月12日(土) 記事No.370
明けましておめでとうございます。


……


と言うには遅すぎますね^^;
年末年始は例年のようにばたばたして、今ようやくにして正月気分です。

今年の年初は社務所の鍵を換えたりいろいろ。
年末に社務所で空き巣と鉢合わせするという物騒なこともありまして。
まったくもってやれやれです。。。

去年の年初に少しは更新と書いて実現できませんでした^^;
今年は肩ひじ張らずにマイペースでやっていきたいと思います。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
つぶやき |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2012年11月30日(金) 記事No.369
25日、26日と恒例の参宮旅行に行ってまいりました。
式年遷宮を前に、今の御正殿に参拝できるのは最後ですね。

20年に一度の式年遷宮。
御正殿はもちろん調度品に至るまですべて作り直すのが式年遷宮です。
これにはすべて一新して、神様に心地よく過ごしていただきたいという気持ちはもちろんのこと、伝統技術の継承という大きな目的もあります。

職人であれば
新米→(20年)→中堅→(20年)→棟梁

という具合にそれぞれが技を磨き、成長しながらも技術を継承していくのですね。

今年の参宮は雨でしたが、雨に煙るお伊勢さんもいいものです。
常緑樹と落葉樹の色が程よく混じったお伊勢さんの深い杜は見ものでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
神社参拝記 |  トラックバック(0) |  コメント(4) |  記事を編集 | 

2012年11月19日(月) 記事No.368
昨日は、境内社の西宮神社の御例祭でした。
商売繁盛を祈念する方が多い神社ですので、商工会の皆さんが参列ののち、境内で福引や商品販売などをしてくださいました。
西宮神社の例祭に続いて、七五三の団体祭り。
こちらは社頭や回覧板などで告知して募集して行うものです。
例年通り、50人ほどが集まってくれました。
個人で行う七五三とは違い、会費1000円ということでお気軽に参加していただけます。
拝殿には幼い子供たちがいっぱい。
008_1.jpg
拝殿の前に小さな靴がたくさん並ぶのは嬉しい光景です。
007_1.jpg
祭典終了後は、宮司お手製の紙芝居。
今回は『いなばの白うさぎ』の上演です。
016_1.jpg
最後を盛り上げてくれたのは、商工会の皆さんによる、お菓子投げ。
子供たちも大いに喜んでくれたようです。
2008/7/01動画
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
行事 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年11月10日(土) 記事No.367
七五三シーズンまっただ中の、大安の土曜日。
今日は五件のお祭りがありました。

10:30 初宮参り
11:00 七五三
12:00 七五三
15:00 七五三
15:45 七五三

10:30の初宮参りと11:00の七五三はどうやらお父さん同士がお友達だったようですね^^
境内でばったり会って話していました。
小さな田舎の神社のこと。そんな出会いもあります。
また、15:00からの七五三は、私自身の大学時代の友達の息子さんでした。ついこの間息子さんの安産祈願、初宮参りをしたばかりと思っていたのに、早いものです^^
大学時代、同じ静岡出身でアパートも近くということもあって、よくつるんでました。
酒もって、江の島で初日の出を見ようと、厳寒の中震えながら元旦の早朝を江の島で過ごしたり。
懐かしいです。
そういや、当時は結構夜行性でしたなあ。

神社の行事はお祭りもそうですが、人と人が出会う場所でもあります。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
社頭祈願祭・出張祭典 |  トラックバック(0) |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2012年11月05日(月) 記事No.366
3日は隣の牧之原市にある服織田神社の御例祭に助勤で行ってまいりました。
昨年まで宮司さんをやっていらした方が今年亡くなって、初めての例大祭。
後を継いだ私よりいくらか若い宮司さんが立派にやっていました。

午前中の社殿でのお祭りの後、行列が正午きっかりに出発氏子区域の各地で点々とお祭りをしながら最後には海にまで出ます。
帰り着いたのは午後5時。
およそ10㎞の巡幸でした。

私はこちらの神社の助勤に呼んでくださった先代宮司さんに少しなりとも報いることはできたでしょうか。
これからも若い宮司さんと一緒に頑張らせていただきます。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
神社参拝記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年10月07日(日) 記事No.365
秋の御例祭が終わりました。
その後、午後からは町内の別の神社へ助勤。
こちらでもいろいろな方と出会い、楽しく過ごすことができました。

夜は例年のように神社に作った舞台でカラオケ芸能大会。
八町内会から2人(団体)出演です。
今年はそれに加えて神恩感謝の富くじと称した福引大会も。
一等は伊勢の神宮参拝旅行ペア旅行券二組。
伊勢の神宮には一人でも多くの方に参拝していただきたいものです。
この参宮旅行は毎年行っていますが、御垣内参拝、御神楽の奉納と通常ですとかなりの高額の玉串料がないとできないことが経験できます。
これまで20年伊勢の神宮の御社殿があるところが来年の式年遷宮で移動するので、その御社殿としては最後の参拝になります。

さて、カラオケ芸能大会も終わり、後片付けとなるわけですが……。
毎年ピエロの格好でいろいろなパフォーマンスをやってくださっている若い人たちが、参拝者、観客が帰った後にムシロの片付けやゴミ拾いをしてくださいました。この方々は毎年毎年最後の片付けを手伝ってくださるのです。
顔は白塗り、頭にはピンクのアフロのカツラ^^
出演した格好のまま率先して片付けをしてくださるのです。
本当にありがたい限りで助かります。見ていて、「おー、結構練習したんじゃないかな」って思うようなパフォーマンスで会場を盛り上げた上にですからね^^

なにより、誰かに「ありがとう」と思う気持ちを持てるのはとても嬉しいものです。
仕事が助かるだけでなく、心の平安といった意味でも、今一度「ありがとう」。

こういった若い人たちがいると、お宮さんのこともきっとまだまだ大丈夫と心強くなります。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
行事 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年10月06日(土) 記事No.364
秋祭り、秋季例大祭の宵宮祭終了です。
秋祭りは、御末社の奥の院、星宮神社の御例祭であります。
夏祭りが地域総出で大いに賑やかに行うのに対し、秋祭りは少し静かに、それでいて氏子さんによるカラオケ芸能大会があったりで違った形、より個人が楽しむような形式で行われるのです。
また今年は初めて神恩感謝の富くじを行います。
要は福引会なのですが^^;
皆さんで楽しんでいただければ幸いです。

星宮神社は来年度を目標に建て直したいと思っております。
我らが神社の奥の院。
これからも大切にしたいものです。

明日はいよいよ本祭り。
午後は別の神社の助勤も入っております。
だんだんと神主も減っております。
その分、いろいろなところに助勤に行く機会も増えていきます。
頑張らねば。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
行事 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年09月22日(土) 記事No.363
午前中に支部の神社関係者大会がありました。
旧榛原郡にあたる地域(市町村合併でばらばらになった)から神職総代が集まっての総会です。
たくさんの来賓の方の挨拶を聞いて、後半は講演。
じっくりとお話を聞いてまいりました^^;
こうした会合に出るのも、神主らしいことをしているようでいいものです。
ここのところ外祭もめっきり減っておりましたからねえ。

さて、午後は復調の兆しが見える社頭祈願祭。
車のお祓いでした。
新しく車を買った方への交通安全祈願祭ですね。
比較的若い方で、こうした人たちがいることが今後神社を守っていくうえで心強いことこの上ありません。

これまで以上のご加護をお願いするとともに、今日神前にて交通安全の誓いを新たにされたということを意識して今後も安全運転を心がけてください。

とお話ししました。
こうしたお祭りをした後は僭越ながら少しだけお話を聞いていただいております。。
地道に生活に密着したところから神道に関して興味を持ってもらい、理解を深めていただければと思います。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
社頭祈願祭・出張祭典 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2012年09月17日(月) 記事No.362
昨日は隣の市にある飯津佐和乃神社へ助勤に行ってまいりました。
こちらは御舟神事が有名です。
船の模型を引き回し、あたかも荒波を乗り越えるかのような状態を再現するさまは勇壮です。また、帆を上げるときなどに謡う唄を含めたこの神事は無形文化財でもあります。
007 (500x375)
午前中に本殿での例祭の儀を終え、正午からは御渡りに付き従います。
距離は10㎞ほどもありましょうか。
普段から歩くことの少ない私にはかなりきつかったですね。
こうしてほかの神社でご奉仕させていただくことで自分の勉強にもなります。
まあ、勉強などと言っていては申し訳ないのですが^^;
精一杯お勤めさせていただきました。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
ひと押しをありがとうございます。
神社参拝記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。